九戸城跡誘客へVR活用/二戸市議会一般質問

二戸市議会定例会は7日、一般質問に入り、5人が登壇した。藤原淳市長は、国史跡「九戸城跡」の誘客促進に向け、城郭や街並みを可視化するバーチャルリアリティー(VR)技術の活用を検討する方針を明らかにした。 同城跡でのVR活用は、これまで岩手県立.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら