高僧西有穆山禅師に祈りをささげる 111回目の法要

西有穆山の銅像の前で祈りをささげる参列者
西有穆山の銅像の前で祈りをささげる参列者
現在の八戸市湊町出身の高僧西有穆山(にしありぼくざん)(1821~1910年)の命日である4日、西有穆山禅師顕彰会(駒井庄三郎会長)が同市の西有公園で111回目の恒忌法要を執り行い、会員ら約30人が禅師の功績に思いをはせた。 穆山は同市の長.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら