六戸小児童らが車いす体験 社会福祉など学ぶ

車いす利用者への声掛けと段差の上り下りを体験する児童
車いす利用者への声掛けと段差の上り下りを体験する児童
六戸町立六戸小(山内亮悦校長)の5年生40人が2日、同校で車いす体験を行い、操作の仕方や車いす利用者の介助方法を習いながら、障害と社会福祉について学んだ。 町社会福祉協議会(田中孝雄会長)の出前講座の一環で、子どもたちに福祉やボランティア、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら