【秋サケ不漁】岩手県北の各魚市場、漁獲量軒並み激減

秋サケを主力とする岩手県沿岸の状況も深刻だ。県によると、11月20日現在の沿岸の漁獲量は340トンで、過去最低だった前年同期比49・3%減。県北の各魚市場も久慈113トン(49・1%減)、八木41トン(64・4%減)、野田13トン(77・3.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら