砕いた南部せんべいが衣「巖手とりから」 二戸市内小中学校の給食で提供

巖手とりからを食べる児童
巖手とりからを食べる児童
二戸地域で生産が盛んな鶏肉を、砕いた南部せんべいを衣にして揚げた「巖手(いわて)とりから」が25日、二戸市内小中学校の給食で提供され、子どもたちが地元の魅力が詰まった唐揚げを味わった。 巖手とりからは「阿部繁孝商店」「小松製菓」「山長ミート.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら