天鐘(11月29日)

♪かきねのかきねのまがりかどたきびだたきびだおちばたき―。木枯らしが銀杏(いちょう)や欅(けやき)の落ち葉を運んで来る頃、何気なく口ずさんでいる童謡『たきび』。晩秋から初冬にかけての風物詩であったが、消え去って久しい▼2番が「さざんか」、3.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録