在来種「南部太ねぎ」正念場 

地元の児童に南部太ねぎの魅力を伝える杉澤均和さん(右)=25日、南部町沖田面
地元の児童に南部太ねぎの魅力を伝える杉澤均和さん(右)=25日、南部町沖田面
絶滅寸前から復活した南部町の在来種「南部太ねぎ」が正念場を迎えている。一時は全国放送のテレビ番組で取り上げられるなど注目を集めたが、栽培の手間が掛かり、コストに見合った価格で販売し続けるのが難しい状況だ。多い時で10人前後が作付けしていたが.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら