タイムカプセル開封 30年前の自分に「うるっときた」/二戸市浄法寺

当時の作文などを開封する市民
当時の作文などを開封する市民
「将来はすごい町になっていると思う」「30年後の自分、頑張って」―。浄法寺町(現二戸市)の町制施行50周年記念として、1990年に町役場(現市浄法寺総合支所)前に埋設されたタイムカプセルが21日、開封された。箱の中には30年前の児童、生徒ら.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら