八戸港に新規RORO船が寄港へ 物流拠点性高まり期待

RORO船(貨物専用フェリー)を運航する栗林商船(東京)とオーシャントランス(同)が八戸港に新たな定期航路を開設することが25日、分かった。12月1日から苫小牧―東京の南下便が週1回、八戸港に寄港し、主に紙製品を輸送する。新たなRORO船の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら