臨海部工業地帯の魅力発信 「八戸工場大学」が本年度で終了/講義の様子を動画公開

家庭紙をテーマにした講義。会場で10人が受講した他、県内外の42人がオンライン参加した=11日、八戸市のはっち
家庭紙をテーマにした講義。会場で10人が受講した他、県内外の42人がオンライン参加した=11日、八戸市のはっち
北東北屈指の規模を誇る八戸市臨海部の工業地帯は、昼も夜も休まず稼働し続ける、さながら“巨大生命体”。「海から拓(ひら)けたまち」の象徴でもある。これを地域資源として捉え、アート、文化などの視点から魅力を発信してきた市の取り組み「八戸工場大学.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら