天鐘(11月23日)

「ああ嫌だ嫌だ」。『たけくらべ』など傑出した作品を残して夭折(ようせつ)した明治の女流作家、樋口一葉もこう叫んだのではないか。日増しに勢いを増す新型コロナウイルスの猛攻である▼一葉の登場人物は俯(うつむ)いて我慢したりせず、「嫌だ!」と叫ん.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら