コロナと地震の「複合災害」想定 八戸圏域水道企業団が防災訓練

職員がアルコール消毒を行うなどの感染症対策を取った応急給水訓練
職員がアルコール消毒を行うなどの感染症対策を取った応急給水訓練
八戸圏域水道企業団(企業長・小林眞八戸市長)は18日、同市の企業団本庁舎やYSアリーナ八戸の駐車場などで、新型コロナウイルス感染症がまん延し、さらに地震災害が発生する「複合災害」を想定し、総合防災訓練を実施した。企業団や圏域市町の関係者53.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら