時評(11月21日)

衆院憲法審査会が菅政権発足後初めて開催され、憲法改正の前提となる国民投票法改正案について与野党が自由討議の形で意見表明した。 同改正案は、駅や商業施設に投票所を設けるなど投票の利便性を公職選挙法とそろえる内容で、2018年6月に自民党が公明.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら