【新型コロナ】八戸市長、2カ所のクラスター感染経路の見方示す

八戸市内2カ所の福祉施設で発生した新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)を巡り、小林眞市長は20日、感染経路について「(最初にクラスターが発生した)通所型介護施設の外部でウイルスに感染した施設の利用者から、別の施設利用者に広がった」と.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら