環境基準値超のカドミウム、ホウ素検出/八戸・櫛引地区の産廃野積み問題

約20年にわたって八戸市櫛引地区に産業廃棄物が野積みのまま放置されていた問題で、市は20日、2016年に青森県が行政代執行で対策工事をした現場敷地内から、工事後初めて環境基準値を超えるカドミウムとホウ素が検出されたと公表した。ただ、基準値を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら