Free朝のニュースダイジェスト(11月20日)

【岩手県内、新たに8人コロナ感染】
 岩手県などは19日、新たに盛岡、滝沢、花巻、奥州、一関の5市に住む8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の感染確認は計97人となった。

【小笠原議長が議員辞職/二戸市議会】
 18歳未満と知りながら10代女性にみだらな行為をしたとして、青森県青少年健全育成条例違反容疑で逮捕された二戸市議会議長の小笠原清晃容疑者(76)が19日、議員辞職した。

【八戸港でサバ1447トン】
 八戸港で19日、三陸沖で操業している大中型巻き網船団の運搬船29隻が、サバ1447トンを水揚げした。数量は今季最多を更新した。

【新型コロナ対策などに332億円 青森県が補正予算案】
 青森県は19日、新型コロナウイルス対策関連経費など332億270万円を盛り込んだ2020年度一般会計補正予算案を発表。インフルエンザとの同時流行などに備える。

【十和田湖と奥入瀬渓流、世界遺産に】
 十和田湖と奥入瀬渓流の世界遺産登録を目指そうと、十和田市などの民間9団体が19日、「登録推進研究会議」を設立した。専門家を招いた研修会などを通して課題を探る。