【無形文化遺産】原木や道具職人の確保課題

漆搔きに使う道具
漆搔きに使う道具
日本うるし搔き技術保存会(二戸市)などの地道な活動により、漆搔き職人は一定の数を維持しているものの、目標生産量に対して樹液を採取できる原木が足りず、原木の確保が重要な課題となっている。また、漆搔きには「かんな」や「へら」など特種な道具が必要.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら