【無形文化遺産】次世代継承へ決意新た/二戸の保存団体

漆搔き技術の継承に向け、人材育成の重要性を強調する工藤竹夫会長=11月中旬
漆搔き技術の継承に向け、人材育成の重要性を強調する工藤竹夫会長=11月中旬
二戸市の漆搔き技術が「伝統建築工匠の技」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録される見通しとなった。漆の生産量日本一を誇る同市で、漆搔き技術の継承や人材育成を担ってきた「日本うるし掻き技術保存会」。メンバーらは「先人か.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら