北海道2町村で文献調査実施へ/高レベル最終処分場

原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のゴミ)の最終処分場選定を巡り、経済産業省は17日、北海道の寿都町と神恵内村での文献調査の実施に向けた原子力発電環境整備機構(NUMO)の事業計画変更を認可した。調査期間は約2年で、両町村にはそれぞれ最大.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら