県産サケのフライ楽しく味わう 鮭の日にちなみサケ給食/洋野町

サケのフライを頬張る児童
サケのフライを頬張る児童
洋野町内の小中学校で12日、旬の食材の給食として、岩手県産のサケのフライが提供された。このうち、町立種市小(山下秋雄校長)の2年1組では、児童22人が地元の秋の味覚をおいしそうに頬張った。 「鮭(さけ)の日」に制定されている11月11日に毎.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら