八戸第二養護学校の児童、「フライングディスク」競技に挑戦

フライングディスク競技に挑戦する児童
フライングディスク競技に挑戦する児童
青森県立八戸第二養護学校(小松﨑明校長)は10日、同校体育館でスポーツ体験学習会を開き、小学部4~6年の児童が、全国障害者スポーツ大会の公式競技でもあるフライングディスクに挑戦し、障害者スポーツへの関心を高めた。 県障害者スポーツ指導員会の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら