むつ中間貯蔵 操業40年後に搬出計画確認/規制委方針

原子力規制委員会は11日の定例会合で、リサイクル燃料貯蔵(RFS)の使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)に搬入される核燃料について、操業から40年後をめどに搬出計画を確認する方針を示した。 中間貯蔵施設では、東京電力ホールディングスと日本原.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら