天鐘(11月12日)

作家の小関智弘さんは元旋盤工。ある著書の中で「旋盤工は耳も鍛えなくてはならない」と言っている。鉄を削る音がシュルンシュルンと澄んでいれば、「ご機嫌な音」なのだそうだ▼職人ならではの感性だろう。先日の紙面に載った、本年度の「現代の名工」のニュ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら