田子高で盲導犬体験実習 視覚障害者のサポート方法学ぶ

盲導犬を連れて歩く梅澤愛子さん(中央)を手引き誘導する生徒
盲導犬を連れて歩く梅澤愛子さん(中央)を手引き誘導する生徒
青森県立田子高(小野淳美校長)で6日、盲導犬体験実習が行われた。2、3年生10人が盲導犬の特性を知るとともに、盲導犬ユーザーの視聴覚障害者をサポートする方法を学んだ。 実習は生活情報コースの授業「生活と福祉」の一環。階上町在住の梅澤愛子さん.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら