足踏み脱穀機や千歯こきに挑戦 三条小(八戸)児童が脱穀作業体験

足踏み脱穀機でもみを落とす児童
足踏み脱穀機でもみを落とす児童
八戸市立三条小(河村雅庸校長)の5年生62人が6日、同市尻内町の八戸文化幼稚園近くの田んぼ脇で、もち米の脱穀作業を行った。足踏み脱穀機や千歯こきといった道具を用い、昔ながらの作業を通じて、米作りの大変さを学んだ。 同校では毎年、5年生が総合.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら