【刻む記憶~東日本大震災10年】周囲や家族の支えに感謝 再建果たした岩徹養豚(おいらせ)

「助け合いの大切さを忘れてはいけない」と話す岩徹養豚代表の岩崎幸子さん。震災を乗り越え、経営規模は当時を上回る=10月下旬、おいらせ町
「助け合いの大切さを忘れてはいけない」と話す岩徹養豚代表の岩崎幸子さん。震災を乗り越え、経営規模は当時を上回る=10月下旬、おいらせ町
10月下旬、おいらせ町二川目向平の高台の豚舎に、岩徹養豚代表の岩崎幸子さん(70)の姿があった。あの日―。津波が思い出の詰まった豚舎をのみ込んだ。海岸に近かった当時の建物は無残に崩れ落ち、飼育する大部分の豚約1500頭を失った。だが、下を向.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら