青森県設置の線量計が強度不足 事故で測定不能も/会計検査院指摘

青森県が2017年度に国の交付金約2505万円を使って東北電力東通原発(東通村)から半径約30キロに整備した簡易型電子線量計19台の基礎部分が必要な強度を満たしていないことが10日、会計検査院の決算検査報告で分かった。事故時に測定できなくな.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら