原敬百回忌 平民宰相の偉業しのぶ/盛岡

原敬の遺影の前で焼香し、手を合わせる参列者
原敬の遺影の前で焼香し、手を合わせる参列者
爵位を持たない「平民宰相」として国民に親しまれた、第19代内閣総理大臣・原敬(1856~1921)の百回忌に当たる4日、出身地の盛岡市の寺で追悼会が営まれ、参列者が郷土の先人をしのんだ。 原は新聞社や外務省を経て、1918年に内閣総理大臣に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら