時評(11月10日)

激戦となった米大統領選はバイデン前副大統領が現職のトランプ大統領を退け、第46代大統領に当選することが確実となった。 敗北したトランプ氏は選挙の不正を主張し、裁判で徹底抗戦する構えを示しているが、主張には根拠が乏しい。敗者として潔く政権交代.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら