六ケ所への高レベル廃棄物返還、21年度再開で調整

原発の使用済み核燃料を海外で再処理した後に出たガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)の日本への返還作業を、電力事業者らが2021年度に再開する方向で調整に入ったことが9日、分かった。日本原燃が六ケ所村で運営する貯蔵管理施設が、今年8月に原子力.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら