【斗南藩ゆかりの地探訪】(3)斗南藩史跡地(むつ市)

斗南藩が領内開拓の拠点にしようと市街地を建設したむつ市の斗南ケ丘。現在は斗南藩史跡地として「秩父宮両殿下御成記念碑」が建つ
斗南藩が領内開拓の拠点にしようと市街地を建設したむつ市の斗南ケ丘。現在は斗南藩史跡地として「秩父宮両殿下御成記念碑」が建つ
むつ市郊外の酪農地帯・斗南ケ丘。斗南藩は、明治時代まで原野だった丘陵地の開拓に未来を託した。現在の県道むつ尻屋崎線沿い、藩の市街地があった場所が斗南藩史跡地である。 戊辰戦争に敗れ、明治政府に領地を没収された会津藩。斗南藩として再興が許され.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら