津波の記憶、風化させない 八戸市庁で「津波防災の日」写真展

被災時と復旧後の写真が並ぶ会場=4日、八戸市庁本館1階市民ホール
被災時と復旧後の写真が並ぶ会場=4日、八戸市庁本館1階市民ホール
「津波防災の日」(11月5日)に合わせ、八戸市庁本館と別館の1階で4日、1960年チリ地震津波と2011年東日本大震災の被災状況を記録した写真展が始まった。11日まで。 津波による被害の記憶を風化させず、市民の防災意識向上につなげようと、市.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら