歴史と伝統、心に刻む 大間町立奥戸中が閉校式典 

別れの言葉を述べる生徒たち
別れの言葉を述べる生徒たち
大間町立奥戸中(祐川達也校長)は10月31日、同校で閉校記念式典を開いた。全校生徒23人と保護者ら約120人が74年の歴史と伝統に思いをはせ、別れを惜しんだ。同校は本年度で閉校し、2021年度から大間中に統合される。 奥戸中は1947年4月.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら