三村知事、静観の構え むつ市の核燃新税合意見解に

むつ市が中間貯蔵施設の使用済み核燃料への独自課税を巡り、事業者のリサイクル燃料貯蔵(RFS)と「一定の合意に至った」との見解を示したことについて、青森県の三村申吾知事は4日の会見で「解釈の問題で関わりたくない」と述べ、静観する構えを見せた。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら