【超高齢社会の先へ】第4部 社会からの孤立(1)

孤独死があった現場で清掃をする特殊清掃員。ごみがあふれている現場も多い(提供写真) 
孤独死があった現場で清掃をする特殊清掃員。ごみがあふれている現場も多い(提供写真) 
少子高齢化が進行するにつれて高齢者の単身世帯が増えてきている。内閣府の「2019年度高齢社会白書」によると、65歳以上の高齢者のうち、3割近くが一人暮らしをしている現状が明らかになった。悠々自適な生活を送れる半面、病気や認知症の進行、詐欺な.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら