体力測定のデータ活用法学ぶ/八戸西高で特別授業

弘前大の測定器を使い、脚伸展筋力を測る生徒
弘前大の測定器を使い、脚伸展筋力を測る生徒
青森県立八戸西高(渡辺学校長)は10月30日、スポーツ科学科1年生を対象に、弘前大の戸塚学医学博士を招き特別授業を行った。生徒は「体を探る・測る」をテーマに、体力測定の結果から分かることやデータの活用法を学び、スポーツ科学に理解を深めた。 .....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら