火災警報器120個寄贈、防災意識啓発に努める/八戸地域防災協会

民家の天井に住宅用火災警報器を取り付ける担当者(中央)
民家の天井に住宅用火災警報器を取り付ける担当者(中央)
八戸地域防災協会(齊藤浩会長)は10月27~29日、八戸市、南部町、五戸町、新郷村で、災害時の自力避難が困難な災害時要援護者世帯に対し、住宅用火災警報器を寄贈した。防火指導も行い、地域住民に対する防災意識の啓発に努めた。 同協会の要援護者支.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら