八戸セメントが宮城県と包括協定締結 災害廃棄物受け入れなど

住友大阪セメント(東京、関根福一社長)とグループ会社の八戸セメント(八戸市、大嶋信太郎社長)は30日、宮城県と災害廃棄物の受け入れなどに関する包括連携協定を締結した。 協定は▽災害廃棄物の処理▽災害時の資材調達▽環境保全や環境教育の推進―な.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら