捕鯨の歴史、鯨食文化に理解深める/八戸

鯨の標本などを見学する展示会の来場者
鯨の標本などを見学する展示会の来場者
公益社団法人日本水産資源保護協会(高橋正征会長)など水産関係の3法人と八戸市が主催する、鯨がテーマの展示会が30日、八戸市のユートリーで始まり、来場者が捕鯨の歴史や鯨食文化への理解を深めている。11月4日まで。 昨年の商業捕鯨再開を踏まえた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら