特許制度学び、工作で発想力養う/十和田

思い浮かんだアイデアを試しながら工作を進める子ども
思い浮かんだアイデアを試しながら工作を進める子ども
青森県発明協会(佐々木忠一会長)は24日、十和田市南コミュニティセンターの研修棟で「知的創造力育成事業」を開き、十和田市少年少女発明クラブに所属する市内小中学生22人が、授業と工作を通じ、特許の制度に理解を深めながら、発明を生み出す発想力を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら