Free三春屋店長自ら出演 商品試食、自慢の一品PR

撮影に臨む山川武店長(左)
撮影に臨む山川武店長(左)

八戸市の三春屋の山川武店長が、テレビ番組と動画投稿サイト「ユーチューブ」に出演し、自慢の商品をPRする取り組みを進めている。郊外の大型店出店や新型コロナウイルスの影響で客足が鈍くなる中、地域の百貨店に目を向けてもらうのが大きな狙い。店長自ら商品の紹介や試食をして自慢の一品をアピールし、中心街のにぎわいにもつなげたい考えだ。

 同市の市民団体「地域ブランド推進委員会」(出町京子代表)が企画制作する、八戸テレビの番組「出番ですよ~!」のコーナーとして9月に放送と配信が始まった。「わくわくタイム三春屋」と題し、同店が取り扱う自慢の商品を月替わりで紹介するもので、過去2回の放送では、しょうゆとみそをPRした。

 3回目の収録となった21日は納豆を特集した。みそだれと唐辛子で食べる「下仁田納豆『十石峠』」(群馬県)と野辺地納豆(野辺地町)、「黒石こみせ納豆」(黒石市)を取り上げ、山川店長が特徴を紹介。納豆ご飯や納豆を使ったパスタとトーストを試食し、「納豆の香りがすごい」「粒が大きくて食べ応えがある」など食リポにも挑戦し、商品の魅力を伝えた。

 山川店長は少し照れながら「三春屋でしか扱っていない商品もたくさんある。ぜひ足を運んでほしい」と笑顔。八戸テレビでは11月12日に放送する予定のほか、ユーチューブでも近く公開する見通しだ。