旧南部鉄道の機関車、半世紀ぶりに故郷の五戸へ

五戸町が譲り受ける予定のディーゼル機関車「DC351」(町教委提供)
五戸町が譲り受ける予定のディーゼル機関車「DC351」(町教委提供)
五戸町は28日、1969年に廃止となった南部鉄道で貨物輸送などを担ったディーゼル機関車「DC351」を、現在所有する宮津海陸運輸(京都府宮津市)から無償で譲り受ける方針を明らかにした。同鉄道関連では現存する唯一の機関車が約半世紀ぶりに“帰郷.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら