時評(10月29日)

「核なき世界」を目指す核兵器禁止条約が来年1月、国際法として発効することが決まった。条約発効に必要な50カ国・地域が批准、初めて核兵器が違法とされる。だが米国、ロシア、中国など核保有国は条約に参加していない。日本など米国の「核の傘」に依存す.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録