農水省がコロナ対策補助金の要件見直し/北奥羽地方に波紋広がる

農林水産省が新型コロナウイルス対策として農家を支援する「高収益作物次期作支援交付金」について、今月12日に交付要件を変更したことで、北奥羽地方の農家や、窓口となる自治体に波紋が広がっている。当初は春先に出荷実績があれば交付対象だったが、変更.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら