地産地消の再生エネ使用 県が久慈市の6施設に認定証交付

石田知子企業局長(左)から認定証を受け取る遠藤譲一市長
石田知子企業局長(左)から認定証を受け取る遠藤譲一市長
岩手県は21日、二酸化炭素を排出しない地元の水力発電所の電気を使用する久慈市の6施設に、「再生可能エネルギー地産地消」の認定証を交付した。 交付対象施設は、県内第1号の認定となった市文化会館アンバーホールのほか、山根、小久慈、長内の3市民セ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら