フィリピンパブ経営者ら3人 処分保留で釈放/地検八戸

青森地検八戸支部は23日、入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで逮捕された十和田市の男性会社役員(61)ら3人を処分保留で釈放した。今後は任意で捜査を続ける。 ほかに処分保留になったのは、男性の妻の女性会社役員(54)とフィリピン国籍の女性.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら