原燃社員20人が労働時間過少申告 計376時間

日本原燃は23日、再処理事業部所属の社員20人が2019年6月~20年4月の11カ月間で、計約376時間の労働時間を過少に申告していたと発表した。使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)の新規制基準の審査対応業務が多忙となり、時間外労働の規定超.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら