県内初、人工の一卵性双子牛を出荷/東北町の農場

2細胞割球分離法などの技術で誕生した一卵性双子の子牛=2019年12月(小比類巻家畜診療サービス提供)
2細胞割球分離法などの技術で誕生した一卵性双子の子牛=2019年12月(小比類巻家畜診療サービス提供)
東北町大平の小比類巻家畜診療サービス(小比類巻正幸代表取締役)は、人工的な体外受精方法を用いて、一卵性双子の子牛(黒毛・雌)を生産し、今月初めて市場に出荷した。父は優良種雄牛「安福久」。市場関係者によると、人工の一卵性双子の子牛が市場で流通.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら