Free八戸・陸奥湊駅前に新たに観光案内所開設 地区まちづくり協議会

八戸市営魚菜小売市場の向かいに開設された「陸奥湊観光案内所」
八戸市営魚菜小売市場の向かいに開設された「陸奥湊観光案内所」

八戸市湊町のJR八戸線陸奥湊駅近くに新たに「陸奥湊観光案内所」が開設され、17日、同所でオリジナルレシピの八戸せんべい汁などが販売された。観光案内所は地元住民らがボランティアで運営し、駅前の市営魚菜小売市場を訪れる観光客を出迎える。

 同駅内に入っていた観光案内所が9月末に閉鎖したことを受け、駅周辺の関係者らで組織する陸奥湊駅通り地区まちづくり協議会(駒井庄三郎会長)が1日、市営魚菜小売市場のほぼ向かい側に開設。案内役のボランティアが常駐するほか、休憩スペースを設けてコーヒーも販売する。

 同日は観光案内所のオープンを記念し、せんべい汁の販売と煮干しだしの「陸奥湊ラーメン」を販売。市内の飲食店がオリジナルメニューを提供する「陸奥湊キッチン」も開かれ、午前中から多くの市民や観光客でにぎわった。

 同小売市場は老朽化に伴い、市がリノベーションを計画。早ければ2021年度の着工、22年度の供用開始を目指しており、本年度は実施設計の策定や事業費の精査などが進む。

 同協議会で広報を担当する大粒來里紗さんは、「改修工事が始まると店子(たなこ)もばらばらになり、観光客を案内する人がいなくなる。それは避けたかった」と開設の理由を強調。その上で「陸奥湊地区の魅力を発信するため、今後も体験型イベントなどを仕掛けたい」と力を込める。

 開設時間は午前5時~正午で、毎週日曜日と第2土曜日は休み。