【核燃サイクル協議会】政府の回答、目新しさなし

10年ぶりの開催となった核燃料サイクル協議会で、政府の回答は、現行のエネルギー基本計画に基づく核燃サイクルの推進といった従来通りの内容に終始し、目新しさはなかった。三村申吾青森県知事も重要性を増す原子力防災や前回求めた「第2再処理工場」には.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら